眼瞼下垂

 

眼瞼下垂


まぶたを開いたり閉じたりする筋肉を「眼瞼挙筋」と言います。この筋肉の働きが何らかの原因で弱くなったり伸びてしまったりして、まぶたが十分に開かない状態を「眼瞼下垂」と言います。眼瞼下垂の種類は、大きく先天性と後天性に分けられます。
先天性眼瞼下垂は、生まれつき眼瞼が持ち上がらない眼瞼下垂です。
後天性眼瞼下垂は、動眼神経麻痺、重症筋無力症など神経、筋の疾患によるものと、加齢や刺激によって生じる老人性眼瞼下垂(腱膜性眼瞼下垂)があります。また、コンタクトレンズ長期装用が原因のコンタクトレンズ眼瞼下垂(これも腱膜性眼瞼下垂)も含まれます。

腱膜性眼瞼下垂症では、無意識に力をいれてまぶたを持ち上げようするためまぶたが重い、最近疲れる、夜眠りが浅い、肩が凝る、頭が痛いなどの症状が出現することがあります。
美容外科的な治療対象となるのは老人性やコンタクトレンズなどの刺激による腱膜性眼瞼下垂です。さらに眼瞼下垂ではないが、目を大きく見開いた状態を希望する方にもこの眼瞼下垂の手術と同様の手術を行うことが可能です。
手術としては切る手術と切らない手術があります。前者は眼瞼挙筋前転術といい、後者はミューラー筋tucking(タッキング)法と言います。tuckとは折込む、縫い縮めるといった意味ですが、簡単に言うならば前者は皮膚を切って眼瞼挙筋を皮膚側からタッキングする手術で、後者はまぶたの裏から糸を使ってミューラー筋(や眼瞼挙筋)をタッキングする手術です。ミューラー筋tucking法は二重瞼の埋没法を応用した方法で腫れもほとんどなくお手軽で、元に戻すことが容易な点が利点です。欠点としては取れるリスクがあり、左右のバランスをとるのがやや困難で片側だけ後日再度タッキングし直さなければならないことがある点です。ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。

 

症例写真

ミューラー筋タッキング法

 

眼瞼下垂1.jpg

 

眼瞼下垂2.jpg

 

 

眼瞼挙筋瞼膜前転術

 

眼瞼下垂3.jpg

 

料金

眼瞼下垂(挙筋短縮術)・・・¥300,000

 

眼瞼下垂(タッキング法)・・・¥150,000

※価格はすべて税抜表示となっています。 

 

 

▲このページのトップに戻る