上まぶたたるみ取り

 

まぶたのたるみ取り手術

 

上まぶたがたるんで二重の幅が狭くなり、眼が小さくなった場合、余剰皮膚をたくしあげるか切除する必要があります。 目のたるみ取り手術としては以下の3つを使い分けることになります。


1埋没法によるたるみ取り
2上眼瞼切開(重瞼線切開)によるたるみ取り
3眉毛下切開(びもうかせっかい)/眉下切開(まゆしたせっかい)によるたるみ取り

 

1のたるみ取りを目的とした埋没法は老人性眼瞼下垂を修正するつもりでミュラー筋や眼瞼挙筋をタックする感じでやや外側気味に埋没糸をかけます。たるみの皮膚が重く糸がその重みに耐えきれない場合はに切り替える必要があります。

2上眼瞼切開によるたるみ取りは従来から行われている全切開法によるたるみ取りです。二重になる部分で余剰皮膚をつまみ、皮膚切除量を決定します。通常切開幅は5〜12mm程度です。眼輪筋の処理、眼窩脂肪の処理はケースバイケースです。皮膚の厚さは眉毛に近づけばそれだけ厚くなるので重瞼ラインでの皮膚切除量が多いと、眼瞼の下の方の薄い皮膚が切り取られ、開眼した際に皮膚の折れ返りの半径が大きくなってしまい厚ぼったく感じます。このため皮膚の過剰切除は避けた方が無難です。

3眉毛下切開によるたるみ取りは従来の目の印象が変わらずたるみを除去できる点で多くの場合よい適応になります。眉毛下生え際ラインに沿って紡錘形の皮膚切除を行うたるみ取りです。眉墨で術後切開線をカムフラージュ出来ますのでダウンタイムが短く社会復帰が容易です。切開線は時間とともにほとんど目立たなくなります。アイリフト、上眼瞼リフトなどと呼ばれることもありこの数年よく行われるようになってきた手術です。埋没法と組み合わせで行う場合もあります。

 

 

症例写真

「埋没法によるたるみ取り」施術例

ll.jpg

「眉毛下切開」施術例

ko.jpg

50歳女性

hg.jpg

52歳女性

m.jpg

m2.jpg

ma.jpg

57歳女性

  tarumi_img02.jpg

 

tarumi_img04.jpg

tarumi_img04-1.jpg

 

tarumi_img01.jpg

料金

たるみ取り埋没法(1年保証)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥90,000

たるみ取り埋没法(無期限保証)・・・・・・・・・・・・・・・・・¥120,000

上眼瞼切開(眉下線切開/眉毛下切開)・・・・・・・・・・・¥250,000

※価格はすべて税抜表示となっています。

 

 

▲このページのトップに戻る