切縫

切除縫合法によりほとんどのイレズミは消去可能です。切除縫合法は文字通りイレズミ部分を局所麻酔下に切除して縫合する方法です。イレズミの範囲が広範な場合、間隔を空けた複数回の切除縫合手術が必要です。
一度の切除縫合により可能な限り広範囲の切除を行い閉創します。その後1ヶ月〜3ヶ月程経過して充分に創部の皮膚の伸展がもたらされた後、2回目の切除縫合を行い、残存したイレズミの除去を行います。2回目の切除縫合でも取りきれなかった場合、さらに時期を空けて3回目の切除縫合を行うことになります。
広範なイレズミの場合、このように複数回の切除縫合を行い、完全除去を目指します。

しかし現実的には切除回数が多くかかる場合が少なくありません。体幹部(背中、腹部、胸など)は比較的皮膚の伸展を得やすいため1回の切除手術で除去面積を取りやすく、除去が進みます。しかし四肢などは皮膚にゆとりが少ないため、1回の手術でも切除範囲が大きくはとれず、小範囲切除を繰り返すことで切除回数が多くかかってしまいます。しかも実際に除去したいイレズミは上腕部から肩にかけてや足首など皮膚にゆとりのない部分に入れられていることが多いものです。

従って当院では一般に行われている単純切除を繰り返す従来の方法ではなく、局所皮弁を起こしたり植皮等も考慮しつつ、皮膚を大きく伸展させる簡単な処置を術前、術中に組み合わせることで手術回数を極力少なくする方法を工夫し大きな成果を上げています。

詳しくはこちらをご覧下さい

 

▲このページのトップに戻る